2015年6月30日火曜日

コラム:関東五研の前期会議紹介

 こんばんは、企画担当の大川です。
 6月下旬から7月上旬にかけて、各研究会では前期会議が行われています。今回はそれらの会議の議題やその議題にした目的、そしてレビューまたは見所をお伝えします。

~627,28日開催~
<駒場研究会>
議題「保護する責任の履行」

 「保護する責任」とは、「ジェノサイド・戦争犯罪・民族浄化・人道に対する罪といった人命が大規模に失われる事態から人々を保護する各国及び国際社会の責任」のことを意味しています。そして、国際社会は人命が大規模に失われる事態が起こらないように予防的な策をとり、あくまでも平和的な解決を模索することを前提として、やむを得ない場合には安保理の下での武力を伴った行動をとらなければならない、これが保護する責任の「履行」が意味するものです。この概念は冷戦後のルワンダ虐殺・NATO空爆の反省から生まれた概念で、近年多くの国に受け入れられている一方、いまだにその解釈については国連の場において議論が行われています。今回は69会期国連総会全体会合を舞台として、保護する責任のさまざまな問題について熱い議論を交わしました。

 今会議のテーマは「壁に向き合う」ことです。自分自身と向き合うと同時に、模擬国連・国連が抱えている「壁」に向き合い、大使として向き合うことが求められました。結果として、新入生だけでなく2年生以上の人たちも含めた全員が壁と向き合い成長し、会議を楽しむことができたと思います。
前期会議でパワーアップした駒場研究会の活躍にぜひぜひ期待していてください!!

 文責/駒場研究会8期副会長 山本新


<日吉研究会>
議題「コソボ紛争」

 テーマは自問自考です。正義という、人によって様々で正解のないものを考えることを通じて、客観的に物事を、そして自分を見つめる機会にしてもらうためにこの会議を作成しました。よかったことは史実にとらわれずに行動してくれた大使が多かったことです。テーマとも重なりますが、実際の大使の行動理由について自分が納得する事が大切だと考えているからです。だから、実際の大使がこう行動したから、というだけでそれを真似るのは意味がないと考えております。どの大使も自分なりに思考を尽くしてくれたので、目的は達成できました。また、難しい議題でしたが新も旧も同じように真剣に取り組んでくれたことがよかったことですね。模擬国連ってこんなに考えることの多いものなんだ、ということを、新メンに伝えることを通じて、旧メンも、そして自分も再認識できたな、と思います。

 文責/日吉研究会20期研究・前期研究会会議監督 太田篤


<早稲田研究会>
議題「安全保障理事会の理事国数の問題」

 僕は会議監督として、「To Be or Not To be 」という会議テーマを設けていました。会議参加者に参加する大使には、どのような大使になるのか(To be)、どういった大使になりたくないか(Not to be)、という事を常に考えてもらい、自分の理想とする大使としての考え方を見つけてもらいたく、2015年早稲田研究会の前期会議に「安全保障理事会の理事国数の問題」を選びました。入り組んだ国益と国家間の友好関係を見ながら各国大使には、自分が良いと思う自由な会議行動をとり、今後の安保理の理事国の数、又は、理事国の数が変更されることが期待していました。
 
 残念ながら、実質的な安保理改正を行う事は出来ませんでしたが、多くの大使が、次の行動を「考え」、スピーチを「考え」、自国の利益を考えていました。今会議のディレクとして、国際社会に残すものはないと断言できますが、大使は多くを学んだと断言出来ます。
 
 早稲田研究会33期新歓統括/前期研究会議監督 小澤大我



~74,5日開催予定~
<国立研究会>
議題「核不拡散条約の補完としての兵器用核分裂生成質物禁止条約」

 テーマは「Be The One Delegate」です。このテーマの意味は、
大使として、会議に必要な技術などを習得する
大使として、真剣に議題、国際問題を考える
もぎこっかーとして、全体を見通せるようになる
というものです。

 会議の見所は、コンセプトに沿った、一貫したフロントの準備。勉強会コンテンツなど細かい部分まで、フロントの思いが感じられ、非常に有意義なものとなりました。議題自体は難しく感じるかもしれませんが、複雑な対立軸のもとで国益を失わず、大使へと成長できる場が用意されています!

文責/国立研究会研究統括 三代晃也


<四ッ谷研究会>
議題「The question of the death penalty

 四ツ谷研究会の前期会議は死刑問題を議論します。実は、死刑廃止は世界の趨勢となっています。国際人権NGO団体アムネスティ・インターナショナルによると、2014年現在、法律上や事実上死刑を廃止している国は140か国、対して死刑を存置している国は58か国で、日本のような死刑存置国は世界の少数派となっているのです。これまで国連総会では、死刑廃止国が提案する死刑モラトリアム(執行停止)を求める決議がたびたび採択されてきました。しかしその度に、死刑存置国はそれを反故にするような修正案をたびたび提出しては否決されてきました。

 今回の会議の見所は、これまでのそうした死刑存廃をめぐる議論を踏まえた、未来会議(創作会議)だというところにあります。死刑は人道的・民主的ではないとする死刑廃止国に対して、犯罪抑止や被害者感情の面から死刑は必要だとする死刑存置国。世界で死刑廃止が前進するのか、はたまた死刑廃止の動きが足踏みしてしまうのか。そして、死刑囚に対する保護は拡充されるのか、それとも反故にされてしまうのか。世界における死刑廃止の方向性を左右する。そんな議論が、この四ツ谷研究会で行われます。

 文責/四ッ谷研究会33期副会長 住野博史



 以上のように、各研究会で様々な趣向を凝らして前期会議を行っていました。私自身も所属する日吉研究会の前期会議に参加しました。キラーアメンドメントという少し複雑な方法がとられるなど、新メンにとっては難易度の高い会議になっていましたが、会議難民はほとんどおらず、積極的な大使が多かったのが印象的です。

 夏には関西大会や九州サマーセッションなど、全国のもぎこっかーと議論する場が多く設けられています。各自前期会議で得たものを活かせるよう、レビューなどもしっかししておきたいところですね!(^o^)


 それでは長くなりましたが、関東五研の前期会議の紹介でした!

6/27.28に行われた日吉研究会前期会議の様子

2015年6月21日日曜日

6月14日 雨のちくもり、のち晴れ 五研BBQ開催しました^^

みなさんこんにちは、企画担当の西村映海です。:D
最近は雨が多く、急に冷え込む日もありますね。これぞ梅雨!と言える気候が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか…:)

先日は五研BBQ2015に、各研究会新メンから老メンまでたくさんのご参加をいただき、本当にありがとうございました!!!!

当日は朝から雨が降っていましたが、お昼からの晴れ予報通り、集合時間には雨雲はなくなっていましたね!(事務局員一同ホッとしました笑)
当日は156名ものもぎこっかーがmeet over meatしました、写真を見ればその多さも歴然ですね!

会議外とはいえ、やはり会話のトピックはもぎ関係が多かったようですが(笑)
今まで話したことのなかった人、久しぶりのあの先輩、噂には聞くけれども最近会ってないあの同期、目に入れても痛くないかわいい新メンにmeetする良い機会になっていれば幸いです:) 楽しい時間をお過ごしいただけましたでしょうか…?

拙い運営でみなさんにはご迷惑を多々おかけしましたが、みなさんのご協力のおかげで無事、大きなアクシデントもなく終えることができました。重ねてお礼申し上げます、ありがとうございました。:D

現在、各研究会では前期会議、そして7月の新メン会議に向けて旧メンを中心に奔走しているところだと思います。暑くなったり寒くなったり、この頃の安定しない気候で体調を崩されないよう、ご自愛くださいね!:)

事務局イベント予告:  
7月 新メン会議
8月“五研花火大会”!!!!    お楽しみに!:)



2015年6月17日水曜日

新版模擬国連会議ガイドブック販売のお知らせ


 「思いきり愛されたくて駆けてゆく六月、サンダル、あじさいの花(『サラダ記念日』)」




こんにちは。関東事務局会計主任、老メンの南です。
皆様、如何お過ごしでしょうか。6月も半ばとなり、時の流れの速さと梅雨入りに憂いている方も多いかもしれませんね。そんな方には、先にご紹介した俵万智さんの歌を、口ずさむことをお勧めします。口ずさむと、爽やかで優しい気分になりますよ。きっと、この季節が好きになります。


さて、新勧会議も終わり、この水無月、新入生が本格的に模擬国連会議に参加する前期会議が、駆けるように差し迫って来ました。恐らく、ほとんどの新入生の方々が、その準備に心悩ましていることでしょう。少なくとも、2年前の私はそうでした。当時、どの春一にも参加したことがなく、新勧会議もシングルデリとして何となくやり過ごしたため、会議行動はもとより、その準備として一体何をしたら良いのか全く見当がついていなかったのです。そんな折、『模擬国連会議ガイドブック』が販売され、それに躊躇なく飛びついたのを今でもよく覚えています。会議参加の足がかりとして、大変お世話になりました。


そんな『模擬国連会議ガイドブック』ですが、今回、第2版の内容が改訂され、『模擬国連会議ガイドブック第3版』が発売される運びとなりました。この新版ガイドブックは、JMUN Office研究担当の北村光氏監修の下、全米団のあらゆる模擬国連会議の卓越したノウハウを結集したものとなっています。ここで、新版が旧版と一体どう異なるのか、気になってきた方もいるのではないでしょうか。それについては、以下で北村氏に説明を譲ります。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
『模擬国連会議ガイドブック』は、模擬国連活動がシミュレーションしている「国際会議の意思決定過程」という切り口から、模擬国連会議の全体像を解説している本です。 第3版は、旧版から7年ぶりの大改訂となっております。 古くなった記述をアップデートしたのみならず、旧版の持ち味を活かしながら、さらに使いやすく実践的な内容へと構成を練り直しました。 模擬国連初心者にとってよりわかりやすく実用的な内容とすることを心がけました。本書を一通り読むことによって、会議を主体的に楽しめるようになるのではないかと思います。 また、模擬国連経験者にとっても、興味深い内容となることを企図いたしました。新たに盛り込まれた会議のノウハウについても、「国際会議の意思決定過程」という共通のテーマが意識されたものとなっているため、いままで培ってきた断片的なノウハウを国際政治学の観点から紡ぎ直すことができるのではないでしょうか。
JMUN Office 研究担当 北村光
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


因みに、校閲に関わらせて頂いた私の感想としては、章立てに気が遣われている点、以前よりも事例が多く取り上げられている点、会議の一般的な解説を意識しつつも具体的なノウハウをコラムの充実によって達成している点等が、読者による模擬国連会議の理解へと促されているような印象を受けました。さらに個人的には、優秀な人間の頭の中を覗いているような感覚も面白かったですね。

販売価格は、旧版1600円だったところ、新版では1500円となりました。来週には、新版ガイドブックを皆様のお手元に届けられる予定です。お楽しみにお待ちください。

 
 ガイドブックが渡る前に、どうしても会議準備に気が滅入ってしまったら、上の歌を口ずさんでみてください。わくわくしてきます。恐らくですが()



2015年6月12日金曜日

コラム:2つあってこその模擬国連!~会議と企画~

こんにちは!
関東事務局で企画を担当しています、国立研究会旧メンの三代晃也です。
最近は暑くなると同時に雨の日も増えてきて、季節の移り変わりを感じますね。街の緑もきれいな季節になってきました!(非常に嬉しい)各研究会でも新歓が落ち着きを見せ、今度は前期会議に向かって動いていることと思います。

 新入生の皆さんは、少しずつ研究会の雰囲気にも慣れてきましたか?研究会内での友人もでき、会議への意気込みも強くなってきている頃ではないでしょうか。でも同時に、「会議のやり方がわからない」「先輩についていけるか不安…」そんな不安がよぎっているかもしれませんね。昨年新歓会議に参加できなかった私も、同じような不安を抱えていました。

 そんな不安を抱えている皆さん、安心して下さい。不安なのはみんな同じです!会議でもそれ以外でも、何か不安なことやわからないことがあれば、先輩に遠慮せず聞いてみましょう!どの研究会でも、優秀な先輩方が丁寧に教えてくれると思いますよ☻わからないのはみんな同じなのだから、まずは自分に自信をもって、会議を楽しめたらな…と思います。正解なんて考えず、初めはとにかくやってみる!これも重要ですね!

 会議が好きなせいか、ここまで会議の話をしてしまいました(笑)しかし、模擬国連の楽しさは会議だけではありません!!次の日曜日、つまり6月14日には「五研BBQ」が行われます!今迄広報などで他の研究会の人が来て、「なんかよくわからんけど、取りあえずすごそうな人達だな~」という感想を持った方もいるかもしれません。今回のBBQはそんな他研の人たちとも知り合える、関東五研全体のモギコッカーによるイベントです。当日参加者も100人を超える規模の、大大大イベントとなるでしょう!皆さん、是非五研BBQにも足を運んでみましょう!きっと素敵なモギコッカー達と「ミート」できるはずです!

以下、五研BBQ詳細です。


【日時】 
614日(日)

【場所】
国立昭和記念公園 (JR青梅線・西立川駅より約2分、当日は誘導が立ちます。)

【参加費】
新メン:500円 旧メン:1,000円 老メン以上:1,500

【当日のタイムスケジュール】
10:30 西立川駅 集合 (事務局員が立っています)
* 団体での入場となるため、遅刻は厳禁です
* 当日受付の方はこの時に参加費をいただきます。なるべくおつりのないようにお願いします

11:00〜 昭和記念公園に移動
順次、機材・食材の準備

11:30 関東事務局長あいさつ

11:35〜 アイスブレイク(何をするかは当日のお楽しみ!)

12:00〜 BBQ開始

15:00〜 BBQ片付け開始

15:30〜 写真撮影・広報、*終わり次第解散です。

15:50  完全撤収


【持ち物】
・myドリンク(事務局側でBBQの飲み物は準備していますが、熱中症予防のため、各自最低限の水分は持ってくるようにしてください)
*雨天が予想される場合には前日までに<開催・延期開催・中止>の旨を各研究会を通して、また参加フォーム記載のメールアドレスにご連絡します。


★☆参加方法☆★
下記の参加フォームをご記入ください。このフォームの送信を以て参加登録といたします。参加登録の締切は本日、6月12日(金)です。
https://docs.google.com/forms/d/14n8it6xUCIZjMHGmoVF6Yhk7Ei22aS-D2nrm8bkj_cA/viewform?usp=send_f



2015年6月4日木曜日

五研の中心で動議を叫ぶ

こんにちは!企画担当の松岡です(^O^)
今回は7月11日に行われる五研新メン会議についてお知らせです!

新メンのみなさんは春一や新歓会議を終え、だいぶ模擬国連に慣れてきたのではないでしょうか。またみなさんの中には 、もっと経験を積んで会議を引っ張ってやる!というやる気の溢れる人から、逆にまだまだ会議がよくわからないなあ‥と不安に思っている人もいると思います。

そこで、開催されるのが五研新メン会議です!!!
五研新メン会議とは読んで字の如く、五つの研究会(駒場、日吉、早稲田、四谷、国立)が一堂に会し、新メンだけで行う会議のことです!議場にいるのはすべて新メンなので、のびのびと、思い切って会議に挑戦することができます。 また、五つの研究会からそれぞれ新メンが集まるので、関東単位で知り合いが増え、多くの繋がりを持つことができます。もちろん、会議がまだちょっと不安な人や先輩なしじゃ怖い、という人も安心してください! フロントが準備から当日まで手厚くサポートします!

以下、詳細です。


【日時】 7月11日(土)

【場所】 未定

【会議紹介】
(会議A)
議題: 女性に対する暴力
・会議監督 山本 新(駒場) ・副会議監督 小野 将(日吉) ・議長 乗上 美沙(早稲田)

(会議B)
議題: 東エルサレムを含むパレスチナ被占領地域のパレスチナ人とシリア・ゴラン高原被占領地域のアラブ人の生活環境におけるイスラエルの占領の経済社会的影響
・会議監督 高田 啓太(四ッ谷) ・副会議監督 中西 公輝(駒場) ・議長 温井 絵理香(日吉)

【ディレク挨拶】
(会議A)
 五研新メン会議Aの会議監督をさせていただく模擬国連駒場研究会の山本新です。 会議Aの会議テーマは「常識を疑う」です。 1+1=2であること、手づかみで食べ物を食べないこと。私たちの身の回りは「常識」であふれていて、普段はその正当性を疑いません。しかし、国際問題を考える際にその「常識」は役に立ちません。それぞれの国にそれぞれの考え方あって、自分の考えを常識としてとらえているからです。それではいったい何が「正しい」ことなのでしょうか。最初から「正しい」考えがあるわけではありません。国連の大使として、みなさんは国際社会における「正しい」を決める立場にいるのです。全く違う「常識」を持った国同士が集まって国際的な「常識」を作り出さなければいけません。この会議を通して皆さんには「常識」を疑い続けてほしいと思います。その先に皆さんの成長、そして国際問題への深い理解があるはずです。では最後に。 五研新メン会議はおそらく皆さんの大きな転換点になります。私も去年、この五研新メン会議でたくさんの人と出会い、模擬国連の楽しさをあらためて実感しました。皆さんもこの会議を通して、自分の成長を実感し、そして自分のこれからの課題を見つけてみてください。 皆さんが本当の意味で模擬国連を楽しめるように、フロント一同がしっかりサポートしていきます。それでは、五研新メン会議で待ってます!!

(会議B)
 こんにちはー。 今回五研新メン会議にてディレクをやらせていただく四ツ谷研究会33期会長の髙田啓太です。 今回はみなさんが成長するための会議を作りました。 うちの会議は議題が複雑で難しいと思うかもしれません。実際難しいです。ですが新メンの皆さんが成長するためにはとても良い会議となるでしょう。なぜならこの会議ではもぎの基礎となるリサーチや交渉が必須であり、それを最大限使って自分の国益を通していかなければならないからです。関西大会前にもぎの基礎を再確認する場としてうちの会議に出る、またただただ面白そうだから出る、はたまたフロント陣がそうそうたるメンバーなので交流のために出るなど会議に出る理由は様々だと思います。どんな人でもうちの会議にお越しください。会議も充実しているし、フロント陣も優秀で頼りになり、新メンのみなさんもどこかで名前の聞いたことある旧メンばかりです笑会議で不安なことがあったら各研究会にうちの会議のフロントがいるので聞いてください!本当にうちの会議は楽しいです!!! 僕達と会議をしましょう!


【参加費】 アフター代

【当日スケジュール】
9:30 受付開始
10:00 〜 会議開始
13:00 〜 お昼
14:00〜  会議
17:30〜 レビュー
19:30〜 アフター

参加フォームは、近日各研究会のMLにて流すのでそちらの方からお申し込みよろしくお願いします(^ν^)ご不明な点、質問事項があれば、関東事務局までお気軽にお問い合わせください。

それでは、自分の力を試したい!もっといろんな人に出会いたい!と思っている人は是非参加してください(^O^)待っています!

昨年度の様子