2015年5月31日日曜日

事務局新歓お疲れ会!

こんばんは、企画担当の戸嶋です。
まだ5月にもかかわらず最近は真夏日なんてワードも聞こえ始めてきており、いよいよ暑い季節がやってきたなぁと感じるこの頃です。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

昨日は、絶好のお天気のもと伝統の早慶戦が行われていましたね。(早稲田の皆さん、おめでとうございます!)そんななか関東事務局でも、先週で五つの研究会全ての新歓会議が終わりひと区切りついたということで、"新歓お疲れ会"を行いました!

お昼前に飯田橋のカフェでスタートした本会合。
西海岸の雰囲気漂う店内で過ごした3時間はあっという間でした~




その後は、時間のある事務局員で神楽坂散策を。
神楽坂のメイン通りから一本横道に入ると、昔ながらの情緒あふれる世界が広がっていました。皆さんも是非足を運んでみてくださいね^^





気がつけば今年度の事務局が正式に発足してからはや5か月。2月の五研追いコンや新歓期の合同新歓・五研春一などのイベントはもちろん、MTGや作業会を通じて事務局内の風通しが良くなっていっているのを常に感じていました。これからもBBQ、新メン会議、花火大会…とビッグイベントが続きますが、事務局一体となって皆さんのご期待に応えられるように企画・運営に取り組んでまいります。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。


2015年5月24日日曜日

コラム:事務局広報誌発行しました!

こんにちは!
関東事務局 副事務局長を務めている、日吉研究会老メンの野瀬風楽です。
今週末のよつけんで全ての研究会の新歓会議が終わりますね。旧メンは新歓期が落ち着いてほっとし、入会して「新メン」となってくれたみなさんは研究会に馴染んできた頃でしょうか(*^^*)

今回はコラムということで、今年から始めた事務局の広報誌を紹介させていただきます。新歓会議で各研究会に紙媒体で配布したので読んでくれた方もいるかもしれませんね! 数ヶ月ごとに事務局の三役が発行していきます。この広報誌を通して「事務局って何をしてるかわからない…」ってイメージを塗り替えていただけると嬉しいです。

さて、この広報誌の名前は「OSINT」といいます。…意味わかんないですよね?笑 実はこれ、ある外交に関するスパイ用語なんです!事務局の情報を発信する新たな媒体にどんな名前をつけようかと三役で悩んで選びました!意味が気になる方はちょっとネットで検索してみてください。

初回ということで、事務局員のことや最近事務局が主催・参加したイベントの報告、今後開催予定のイベントについて紹介させていただきました。今年の事務局がどんなメンバーでどのように活動しているのかわかっていただけると思います。そして今後も夏にかけて毎月事務局のイベントがあるので広報誌を見て、予定が合う方はぜひ参加してみてくださいね!

では、次回の広報誌「OSINT」もお楽しみに!


2015年5月20日水曜日

関東5研もぎこっかーs、BBQするってよ!

こんにちは! 企画担当の西村です:)

今日は関東の5つの研究会合同で開催される五研BBQのお知らせです!

新入生を迎えて、今年度初・研究会を超えた会議外ビッグイベントです!(拍手!ぱちぱちぱち〜)

「模擬国連って、毎日会議しているんじゃないの?」
「ずっと政策、国益、って議論ばかりしているんじゃないの?」
そんなことはありません!

もぎこっかーにもoff会議があるんです!
BBQでは、会議で見せる真剣な表情とはまたひと味違う、もぎこっかーのへのアツいまなざしに出会えるでしょう!

当日はお腹いっぱいお肉を食べて、各研究会を超えて同期・先輩方と仲良くなってくださいね!

まだ会議に参加したことのない方、今回が模擬国連イベント初の方もたくさんいらっしゃるので、皆様のご参加をお待ちしております:D

【日時】 
614日(日)
【場所】
国立昭和記念公園 (JR青梅線・西立川駅より約2分、当日は誘導が立ちます。)
【参加費】(事前に各研究会ごとに回収いたします。)
新メン:500円 旧メン:1,000円 老メン以上:1,500
【当日のタイムスケジュール(予定)】
10:30 西立川駅 集合(時間厳守!!!)
11:00 BBQ開始
15:30 片付け開始
16:00 解散
*スケジュールは現段階のものですので、変更の可能性があります。
*雨天が予想される場合には前日までに<開催・延期開催・中止>の旨を各研究会を通して、また参加フォーム記載のメールアドレスにご連絡します。

★☆参加方法☆★
下記の参加フォームをご記入ください。このフォームの送信を以て参加登録といたします。参加登録の締切は6月12日(金)です。

ご不明な点・質問事項があれば、関東事務局までお気軽にお問い合わせくださいね:)


それでは、当日皆様にお会いできることを楽しみにしております:)))

2015年5月13日水曜日

合同新歓のご報告

こんにちは、企画担当の尾下です。
四ツ谷研究会以外の研究会では新歓会議が終わり、新歓もひと段落したのではないでしょうか。私たち関東事務局も4月に二つの合同新歓を行いましたので今回はその様子をお伝えします^^

まずは一つ目!4/18(土)に、お茶の水大学で関東事務局主催五研合同新歓を行いました。 今まで模擬国連が普及していなかった大学の学生を主な対象にし、より多様な大学から学生を集め、模擬国連をより普及させるべく、「すそのを広げていく」ことを目標にこのイベントを実施しました。

しかし、実際にはあまり多くの学生が集まったとは言えず、また新たな大学に模擬国連を普及させることもできませんでした。また、イベント実施にあたり、研究会のみなさんとの意思疏通も十分とは言えなかったことも含め、イベント責任者としては悔しさと申し訳なさが残る結果となりました。

ただ、当日のコンテンツとしては非常に質の高いものが提供できたのではないかと思っています。 模擬国連についてのプレゼンであったり、和やかな雰囲気での相談会、ユニークなディスカッション企画などを行うことができました。

来年度以降、より広報や研究会との連携を充実させ、より有意義なイベントとなることを願っています。また、はじめての試みで手探り状態のなか協力してくれた研究会のみなさん、参加してくれた新入生には感謝の気持ちでいっぱいです。この場をお借りしてお礼申し上げます。


そして二つ目は、4/26(日)に浜松町で行われた全国学生合同新歓です!当日は300近い団体が出展し、1,000人以上の新入生が来場しました。このような大規模新歓イベントへの出展は初の試みで、非常に有意義だったと感じています。

まず、数多くの多様な新入生と出会えたことです。通常の新歓活動とは違い、模擬国連に必ずしも興味をもつ下地のない新入生ともコミュニケーションをとる機会がたくさんあり、彼らに模擬国連のよさを伝えるという普段とは違った経験ができました。また、出展されている他団体の学生とも、共に新歓活動をするものとしてコミュニケーションをとることができました。ユニークな活動を行う他団体の話を聞けたことはこの出展で得られた貴重な経験です。

そして、純粋に新歓活動としても有意義でした。たくさんの新入生に模擬国連に興味をもってもらい、彼らに各研究会の新歓活動を紹介することができました。彼らがその後の研究会による新歓で模擬国連の魅力を知り、入会してくれることを願ってやみません。





3月初めの、各研究会の新歓統括とのミーティングからスタートした事務局としての新歓活動も、この全国学生合同新歓への出展で終了しました。夢中で駆け抜けた約2か月間だったと感じています。今年初の試みが多く、なかなか手探りでうまくいかないことも多かったですが、なんとかやり抜くことができました。新入生のみなさん、研究会の後輩、アドバイスをくださった先輩、そして事務局のみんな、ありがとうございました!\(^o^)/

2015年5月7日木曜日

コラム:新歓統括の想い

こんにちは、関東事務局副事務局長の松本です!
今年のGW、遊んだり休んだりもぎもぎしたり、充実した日々をすごされたことでしょう。巷には29日から休みという大学が存在しているそうで、なんと羨ましい。

さて、5月になったということで、とりあえずではありますが各研究会が新歓活動に一区切りついたことでしょう。これから新歓会議がどの研究会もはじまるので今からまた気合いを入れ直しているようにも感じられます^^

とはいえ、大学の中で争いのごとくおこる(笑)新歓活動も落ち着きをみせていますね。そこで今回は各研究会の新歓統括(新歓活動における代表的存在)に「新歓活動をとりあえず終えてみての感想」をきいてみました!

これをみて気になった新入生は研究会ページから新歓会議のことについても情報をのせているのでそちらもあわせてご覧ください〜!

<駒場研究会> 平井香子
私は、こまけんに入会して半年も経たないうちに、統括を引き受けました。仕事もできない、模擬国連のこともよくわかっていない、頼りない統括で、周りのメンバーに歯がゆい思いをさせていたと思います。そんな私が、どうにか新歓活動をすすめられたのは、新歓担当のメンバー、旧メンのみんな、去年の新歓統括をはじめとする老メンの方々の温かいサポートあってこそです。特に副統括の吉田くんは、私に代わってたくさんの仕事をしてくれました。本当に感謝したいです。
四月前半の新歓活動では不安を感じながら進めた部分もありましたがビラ配りや説明会、メール対応など、新入生と関わっていくなかで、だんだん新歓活動の手応えを感じられるようになりました。そして、新歓会議の勉強会に集まってくれたたくさんの新入生を見たときは、とても安心し、嬉しかったです。
こまけんの新歓活動は、もう少し続きます。素敵な9期新メンをこまけんに迎えられるよう、最後まで頑張りたいと思います。


<早稲田研究会> 小澤大我
新歓活動を終えて、多くの「新入生」が「新メン」となってくれるのを待つだけになりました。今回、僕が勧誘時期を終えて最も気づかされた事は33期のみんなの大切さです。新歓準備の為に楽しくガヤガヤと活動してきた2月と3月、そして、仕事の多さでつぶれそうになっている僕を気遣い助けてくれたみんなと乗り越えた4月。これらの日々は僕にとって一生わすれることのない思い出になりました。
今後、多くの「新メン」を招いて、今以上ににぎやかに、楽しく、そして、暖かく、みんなとの日々を過ごせていけることを願って。。


<国立研究会> 竹田理恵
今年はバラエティーに富んだ新入生が入ってくれたのではないかな、と思っています。この1年、どんなくにけんになるのかとても楽しみです(^^)くにけん全体で会議も遊び企画も全力でやりながら、よりよいくにけんを作っていきたいです^ ^



<四ツ谷研究会> 井上擁祐
新歓期間が終わりほっとしています。
まずは、仕事を与えてくれた四ッ谷研究会のみなさん、サポートしてくれた事務局のみなさん、一緒に仕事をしてくれた新歓メンバー1人1人に感謝しています!ありがとうございました!
この新歓を通して少しでも新入生が興味を持ってくれたら嬉しいです。


<日吉研究会> 菅原滉平
新歓を終えて、まずはホッとしています(笑)そして、なにより新入生が入ってきてくれたことがうれしくて仕方ありません。実は、ひよけんの最初の全体説明会にはわずか7名にしか来てもらえませんでした。それが個人的にあまりにもショックで、同時にものすごいプレッシャーを感じました。反省会もして、直せるところは全て直し、ありとあらゆる策を講じました。だからこそ、週を追うごとに来てくれる人数が増え、一つ一つのイベントを終えるたびに新しい顔が増えていくのが本当にうれしくてしょうがなかったです。後もう一つ、統括として感じたのは同期のありがたみでした。
何から何まで本当によく働いてくれました。みんなの支えがあったからこそ、文字通りひよけん一丸となって新歓することができ、結果的に大変多くの新入生がひよけんに入ってくれたのだと思います。ほんとに、みんなどうもありがとう、そしてお疲れ様でした。そして、新メンの皆さん、これから一年会議をして企画で遊んでとお世話になるわけですが、どうぞお手柔らかに(笑)、そして、仲良く!よろしくお願いします!!


新歓の感想をもらっただけでなく、写真も厳選してもらって、どこも違う良さがあって、それを一生懸命伝えるという新歓活動をできたのではないかなと文面と写真を通じて思いました。忙しい中で協力してくださった新歓統括に感謝します。

あまり他のサークルではみられない、2年生等が主体で組織を運営していくというのも模擬国連のひとつの特徴ではないでしょうか。もう気づけば3年目の私がひとつ自信を持っていえることは、後輩がはいってくることによって、より一層一緒にやっていく同期と協力し、時にはぶつかりあうことも必要になってきます。そのなかで組織の運営を終えるときにはあのとき新歓を頑張ったから自分たちがいまこの研究会で先輩としてまた一つ成長することができた、そう思うはずです。

これから各研究会に所属したいなと思う新入生の皆さん。
近くにいる先輩を信じて自分のペースでがんばってみてください。
きっとそばにいてくれる先輩から教わることは期待以上のものです。
(プレッシャー?笑)

そして先輩になった皆さん。
最後まで自分の同期や先輩を信じてやりきってください。

すこし長めになってしまいましたね…
関東事務局ブログの初コラムということでお許しください笑

今からがまたスタートです!
新歓会議、どの研究会も楽しんでくださいね^^




2015年5月2日土曜日

五研春一のご報告

みなさん、ご無沙汰しております。企画担当の戸嶋です。
今日からGWですね!天気の良い日が続きそうでお出かけを予定されている方はぜひ楽しんでください^^

さて今回は、先月の19日(日)に行われた五研春の一日体験会議についてのリポートです。今年は例年と場所を変えお茶の水女子大学で開催させていただいたのですが、天気もすぐれないなか70名を超える新入生が来てくれました。新歓イベントが重なる4月の週末にこれだけの新入生が来てくれるなんてうれしいですね~。今回は会議を3つ用意した(武器条約・パレスチナ問題・食糧問題)のですが、なかにはあらかじめ参加会議を決めてきた新入生もいて、皆さんやる気に満ち溢れていました。こちらもいっそう気合いが入ります!

午前中はフロント(会議を作る人々)が勉強会を行って、模擬国連の会議のルールや議題を理解するために必要な前提知識を、スライドを通して新入生にレクチャーしていました。フロントの方々も模擬国連の楽しさ・面白さが新入生に伝わるように工夫されていて、それに聞き入っている新入生の姿が印象的でした。



お昼になると、最初は緊張のせいか少しこわばっていた新入生の表情も少しずつほぐれてきて、上級生デリと積極的にコミュニケーションを取っていました。そしていよいよ…

(木槌を叩く音)”Please come to order.”

この合図とともに会議スタートです!独特の会議進行ルールがある模擬国連の会議。(私も最初はこれに慣れるのにずいぶんと時間がかかりました…)そんな不慣れな環境のなかでも、モデで白熱する上級生同士の議論に耳を傾ける新入生や、上級生デリのアドバイスをもとに論理を組み立てる新入生。内容自体はどちらかというと難しめだと個人的には思いましたが、新入生はそのなかでも自分で何かを吸収しようとしていました。言葉での説明だけでなく、実際に「議題・担当国理解→スピーチ・議論・交渉→文言作成」といった模擬国連会議の一連の流れを体験したことで、新入生には模擬国連の難しさ、そして楽しさ・面白さを味わってもらえたのでないでしょうか。それは、会議終了時に議場から廊下に響き渡っていた拍手の大きさが物語っていたように思えます。




「もともと国際問題に興味があった」
「高校時代に友達がやっていた」
「大学内外で友達を作りたい」
新入生に記入してもらったアンケートを読んで改めて模擬国連に興味を持つきっかけは人それぞれであることを感じたわけですが、その一つ一つのきっかけを大事にして今後もより多くの人に模擬国連に出会ってほしいと強く思いました。そして最後になりますが、今回の「五研春の一日体験会議」に参加してくださった方々やサポートしてくださった方々に関東事務局を代表して改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

会議Aの皆さん

会議Bの皆さん
会議Cの皆さん















P.S.
わからない専門用語が出てきて議論についていくのが難しかったという新入生の貴重なご意見をいただきました。今年度の反省として来年以降にしっかりと引き継ぎたいと思います。