2015年4月1日水曜日

事務局員紹介!!

こんばんは、関東事務長の矢倉康平です。
今日は、年度も変わったということで関東事務局を一年間運営していく事務局員の紹介をしたいと思います!

事務局員は、5つの研究会のメンバーから構成されています。事務局長の私は駒場研究会になります。まず、副事務局長として日吉研究会の野瀬風楽と、四ツ谷研究会の松本紗季が就いています。副事務局長は、運営全体をサポートする役職で、運営が円滑に回るために様々に動いてくれます。

次に、会計担当は、早稲田研究会の南萌嘉です。会計は、お金の管理は予決算の作成などを行う重要な役職です。

そして、企画担当として7人が入っています。駒場研究会の尾下公一、戸嶋一博。日吉研究会の松岡祐季、渡邊倫、大川梨恵。国立研究会の三代晃也、四ツ谷研究会の西村映海です。企画の立案や準備などを主導するのがこの役職です。

このような役職の構成になっていますが、今年の事務局では役職の垣根をあまり設けていません。全員で1つのものを作り上げていく、ということを意識しています。

このメンバーで事務局は1年間運営していきます。事務局員の自己紹介はホームページに載っているので、そちらもぜひ見てくださいね!
http://jmun.org/kanto/memberskanto.html

0 件のコメント:

コメントを投稿