2015年12月20日日曜日

第3回関東事務局総会のご報告

こんばんは。今日のブログ担当は企画担当の尾下です。もうじき2015年の運営代が終わるということで、寂しさと少しばかりの達成感を感じています。

1212日に第3回関東事務局総会が開かれました。今年最後の関東事務局のイベントなので、事務局員一同気合を入れて臨みました(…よね?笑)この総会ではたくさんのことを行ったので、一つ一つ紹介していきますね。


1.関東事務局年間活動報告

 事務局長の矢倉から、今年度の事務局の活動について報告いたしました。今年度は、「研究会の橋渡し」「研究会のバックアップ」という二つの役割を担うべく、会員にとって「わかる組織」になることを目指しました。旧メンが事務局に多く所属していたことや、情報発信を積極的に行ったことで、前年度まで以上に会員との心理的な距離が縮まったと思っています。


2.2015年度 事務局年間決算の承認

 会計主任の南より、関東事務局の2015年度年間決算に関して説明をさせていただきました。会員の皆様からいくつか質問やご意見がありましたので、真摯にお答えさせていただきました。質疑応答を含め、決算について正確に会員の皆様に報告いたしました結果、無事年間の決算が承認されました。ありがとうございました。


3.2016年度関東事務局企画担当の信任投票

 企画担当に立候補した、国立研究会新メンの井上玲の信任投票を行いました。自身の模擬国連や関東五研に対する想いや抱負を演説し、投票の結果無事承認をいただきました。企画担当としての活躍に期待しましょう!


4.2016年度日本模擬国連(JMUN)代表の信任投票

 JMUN代表に立候補した、駒場研究会旧メンの中西公輝の信任投票を行いました。模擬国連の将来についての考えや、関東五研とその他の地域とのかかわり方などについての質疑応答が行われました。その後投票が行われ、関東総会での票数は大幅に信任票が上回る結果となりました。



5.第28回模擬国連会議全日本大会(AJMUN)事務総長の信任投票

 第28AJMUNの事務総長に立候補した、駒場研究会旧メンの廣中彩乃の信任投票を行いました。立候補にあたり、現状のAJMUNについての問題意識や、来年どのような大会を作っていきたいのか、などについて、演説および質疑応答がなされました。投票の結果、無事承認されました。来年度のAJMUNに期待が膨らみますね。


6.JMUN新規約の採択

 今年度、JMUN代表部では「お金の流れ」を変えるための規約改正(JMUN改革)を目指してきました。総会ではJMUN代表の藤原が改革について説明したのち、会員の皆様からの質疑応答に移りました。積極的に質問があり、皆様の関心の高さがうかがえました。その後、新規約が投票にかけられ、関東総会での票数は大幅に賛成票が上回る結果となりました。


7.2016年度 各研究会の新会長・関東事務局長のあいさつ

 最後に、各研究会の新会長と来年度の事務局長にあいさつをしてもらいました。「新会長」として初の公の場で、よい「お披露目」でした。フレッシュな新メン達の後、トリを飾ったのは来年老メンになる野口君でした。噂だと“老メン”という響きにショックを受けていたとかいなかったとか笑。皆さん頼もしく、来年度も安泰そうで何よりです。


(8.アフター)

 ふう。長かった…。どこかに出す報告書を書いているかのような心持ちでした…笑。総会が終わった後アフターに行ったのですが、大変な盛り上がで、研究会や学年の垣根を超えて仲が良いのが模擬国連の良さだと改めて思いました。その懸け橋に少しでもなれたのかな…。(老メンの僕的には、同じテーブルにいた人が全員後輩で若かったことと、一番盛り上がる話題がTwitterであったことが、少しガクッときつつ印象に残りました笑。)


冒頭にも書きましたが、これで2015年度のイベントはすべて終了となります。会員の皆様そしてOBOGの方々、今年も1年間事務局を支えていただき、ありがとうございました。


以上、老メン企画の尾下でした。また年末の池袋かどこかでお会いしましょう!

中央は、来年度JMUN代表として承認された中西


2015年11月28日土曜日

12月総会のお知らせ

みなさん、こんにちは!関東事務局長を務めている矢倉康平です。
今年もいよいよ終わりに差し掛かってきましたね。年末には全日本大会があるので、落ち着いて年の終わりを感じることができるのは、今くらいかもしれません。
さて、今日ご紹介するのは、今年最後の関東総会になります!

今回の関東総会は1212()14時から17時、早稲田大学の早稲田キャンパス15号館202教室で開かれます。終わった後にはアフターもやります!
話し合う内容としては、関東事務局の決算承認、日本模擬国連代表および全日本大会事務総長の選挙、JMUN改革についてです。盛りだくさんの内容ですが、これから運営を行うことになる新メンのみなさんも、ぜひ参加してくださいね!


総会の参加については、メーリスで各研究会に流しているのでそちらから参加申し込みしてください(^.^)(と言いつつフォームを貼っておきます)

最近急に寒くなってきたので、体調にはくれぐれも気を付けてください!

2015年11月23日月曜日

5研新メンご飯会!!

こんにちは!来年度より企画を担当させていただきます、早稲田研究会新メンの出口ちひろと申します。今回は、先日行われました「5研新メンご飯会」のご報告をさせて頂きます。

11月15日(日)に新宿の中華料理「南国亭」で、5研の新メンの交流の場を作ろうというコンセプトのもとご飯会を開きました。はじめは誰も来てくれないのではないかと不安に押しつぶされそうでしたが、後期会議や学園祭の準備で忙しい中、なんと、総勢54人という大人数が集まってくれました!


当日は国立研究会の幹事が座席のくじを作ってきてくれていました!しかも、そのテーブルの割り振りが数字などではなく模擬国連らしく国名という芸の細かさ!!


ちなみに私は日本だったのですが、他にもイギリス、フランス、中国、アメリカ、ロシアのP5や、ドイツ、イタリア、北朝鮮がありました。北朝鮮では、途中で注文した料理がなかなか届かないという食料難が起こったそうで、なかなか国名に合った形で会が進んだようです(笑)

また、途中で一度席替えもしました。テーブル毎に楽しげに自己紹介や全日本大会の議場や国について話しており、始終笑い声が絶えないご飯会となりました。

最初の乾杯では「がくせいちゅうもーく」という私の掛け声にわせけん以外の新メンは戸惑っていましたが、最後はみんな大きな声で「なんだ~!」と返してくれ、早稲田色に染まっていくことに喜びをひそかに感じておりました。(嘘です。申し訳ありません。)

今回のご飯会で、一人でも多くの新メンの方が楽しんでくださったのなら私たち幹事も幸せな限りです。ここで新たに結ばれたご縁を大切に、来年から運営代として各研究会を引っ張っていく糧にしていただければと切に願いつつ、私からの報告を終わらせて頂きます。

改めて、参加してくださった皆さん本当にありがとうございました!これからまた一年間よろしくお願いいたします。



2015年11月14日土曜日

11月関東総会のご報告

こんにちは。来年度より関東事務局で企画を担当させて頂く事になりました駒場研究会新メンの草田彩夏です!来年度から宜しくお願い致します。初めての仕事という事で、若干緊張しています。最近、やるべき課題が膨大なのにもかかわらず、効率悪すぎて悩んでいます笑 来年には旧メンとなってしまいますし、もう少し成長したいです泣
私の悩み話は置いておくとして…

117日(土)に慶應義塾大学日吉キャンパスにて関東総会が行われました。総会においては、まず次期日本模擬国連関東事務局の運営メンバーを決める為の承認選挙がなされました。立候補者の方々は、各々来年度への抱負や関東事務局の在り方等に関して、非常に説得力のある演説をされていました。私自身も皆さんの演説に感化され、来年度に向けての意気込みを持つ良い契機となりました。

選挙が終了した後に、日本模擬国連に協賛して頂いているケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社様に「会議ファシリテーション講座」を実施して頂きました。



みなさん、「ファシリテーション」という言葉は知っていますか?模擬国連をやっている人は聞いたことがあるかもしれませんね。facilitationとは「促進」「簡易化」という意味です。つまり、会議や議論をする上でどうしたらもっと円滑に進めることができるか、という講座だったという訳です。では、どの様にすれば議論を円滑化できるでしょうか。今回私たちが教えて頂いた中で特に印象的だった内容は議論内容の可視化・終了目的の決定です。模擬国連内の議論ってどうも頭の中で進められることが多いんですね。しかし、絶対に議論の内容把握に追いついていない人もいるはずです。そんな時に可視化することでより多くの人からの合意が得られ、何よりも理解が深まることでより質の高い議論ができるという訳です。さらに、漠然と議論を進めるのではなく、終了条件=ゴールを決定する事が議論自体を意義あるものにし、議論する人の意識を高めることができるという論理にも納得させられました。終わりが見えなければ誰も議論のやる気を無くしてしまいますよね。


この様に普段の議論では気が付かなかった事がとても重要であることを確認する事が出来ました。ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社様には12月に行われる模擬国連全日本大会の内の1会議でも講義をして頂きます。

次は、関東においては、12/12()における関東総会にて、次期日本模擬国連代表と次期全日本大会事務総長の選挙が行われます。また、関西においては、12/13()に関西総会が開かれ、次期日本模擬国連関西事務局員、次期日本模擬国連代表、次期関西大会事務総長の選挙・承認が行われます。

会員の皆様は、奮ってご参加ください。毎年、ご好評いただいている高校生や先生方をはじめとする社会人の方などを対象にした模擬国連体験会や大会ツアーのお申し込みを1130()まで承っております。
詳しくはこちら→http://jmun.org/ajmun27/

2015年11月3日火曜日

5研OBOG会のご報告

 こんにちは!企画を担当している国立研究会旧メンの三代晃也です。今大学のPCを使ってこのブログを書いているのですが、「旧メン」とか「三代晃也」といった文字が変換してもスムーズに出てこず、My PCが恋しいです。今日はおうちでお留守番です。

 どうでもいい話はさておき、1024日(土)には、関東事務局主催の5OBOG会が開催されました!今回のOBOG会には、現役、OBOGの方合計で110名の方がお越しくださり、非常に盛り上がるイベントにできたと思います。私自身、参加者が100名を超えるとは予想していなかったのでびっくりです!

 OBOG会当日は、初対面のOBOGの方、昨年お世話になったOBOGの方、久々に会う現役のあの人、関西大会ぶりの後輩、など多くの方との交流の機会を提供することができていれば幸いです。多くの皆様にお越しいただき、私としても嬉しかったです。ありがとうございました。


集合写真
 
 OBOG会が終わると、事務局が主催する企画イベントは終了となります。11月に入り今年も終わりに近づいておりますが、皆さん最後まで充実した1年にしてくださいね。

 さて、来る117日(土)には、関東事務局総会が行われます。来年度の新規事務局員の選出の他、勉強会も開催されます。総会後にはアフターも催されるようですので、是非参加を検討していただけると幸いです。

以下、関東総会詳細
---------------------------------------------------------------------------------
時間: 10時~13 (終了後にアフター(昼ごはん)あり)

参加・不参加表明URL

 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。また皆様にお会いできるのを楽しみにしていますね!来年もぜひ、関東5OBOG会にいらっしゃって下さい!

2015年10月23日金曜日

グローバルフェスタ・横浜フェスタ出展!

みなさんこんにちは!
事務局企画担当、日吉研究会旧メンの大川梨恵です。
今回は今年出展したグローバルフェスタ、よこはま国際フェスタについての報告をさせていただきます。

グローバルフェスタは103,4日にお台場で、よこはま国際フェスタは1010,11日に横浜象の鼻公園で開催されました。どちらも無事に終わり、模擬国連の知名度を上げることができました!今回は特にグローバルフェスタについて紹介します!

グローバルフェスタには、「新メンが研究会の運営代になる前に運営を経験してみる」ことを大きな目的として参加したので、企画内容や予算、当日のシフトまで全て有志の新メンに行ってもらいました。

結果は素晴らしい出来でした!!展示内容やゲーム、ディスカッション全て高いクオリティで完成させてくれたのを見て、本当に頼もしく感じました…!!

さて、それではグローバルフェスタでリーダーを務めてくれた田口みくちゃんからのコメントです。


ブースにてリーダーを務めさせていただきました日吉研究会の田口美紅です。私にとって今回が五研新メンとの初の関わりで、当初は不安と緊張しかありませんでした。  リーダーであるはずなのに、熟考が足りず、上手く指示も出せず、メンバーを先導することが出来なかったのが後悔です。当日までミートを行うことができずに文面での意見交換のみで作業を促してしまったことも申し訳なく思います。  当日のブースでは国連と模擬国連の活動を載せた展示、国旗当てクイズ、女性の人権を議題とした模擬模擬国連を実施しました。 展示では活動内容や組織図を簡潔に分かりやすくまとめられており、写真を撮ってくださる方も多く見られました。 国旗当てクイズでは年代問わず、国際理解を深める第一歩として挑戦して頂き、ブース前で楽しんで頂けました。 模擬模擬国連では、堅い印象を受けるために参加者が集まらないこともありました。しかし、先進国や途上国の区別に加え、宗教や文化によって異なる主張することを面白いと感じてくださる方も多くいて、模擬国連を体験する濃い時間を過ごして頂けたかと思います。  通常活動に参加できないこと、会議で発言ができないこと、皆から遅れを取っているのではないかと不安を感じていた自分がいました。しかし普段の会議から離れて広報活動をする機会を頂き、改めて模擬国連と向き合うことが出来ました。 客観的に発言することも覚え、根拠を持って交渉する術を身に付ける、それは私の活動を続けていく目的だと再確認しました。  無事に終えることができたのは何より協力してくださった新メンのお陰です。準備期間から当日にかけて迅速な作業や来場者への対応、ゲームの進行まで、お疲れさまでした! そして関東事務局の先輩方はじめ、協力してくださった保護者様、来場者様ありがとうございました。 沢山の方に応援して頂いたことを、心より感謝致します。


以上、みくちゃんからのコメントでした。
スタッフとして集まってくれた20人もの同期を仕切るのは本当に大変なことだったと思います。それでも最後まで責任感を持ってグローバルフェスタに出展してくれて、本当に感動しました。みくちゃんの他にも、積極的に動いてたくさんのアイデアを出してあげる人、強い責任感でゲームや展示を完璧に仕上げる人、みんなの集中力が切れかけてもお客さんへの声かけを続ける人、ディスカッション企画で知識を持った大人たち相手にファシりをする人など、みんな自分が得意な分野でも様々に能力を発揮してくれました。

来年からの研究会運営が本当に楽しみです!

グローバルフェスタにて

2015年10月9日金曜日

11月総会のお知らせ

みなさま、こんにちは!関東事務局長の矢倉です。
だんだん肌寒くなってくる季節になってきましたね。秋というのはやはり寂しさを感じさせるものですが、個人的に寂しいと感じるのは関東事務局の運営が年末をもって終わってしまうということですね。1年間、とてもあっという間だった気がします。

感傷に浸ってしまいましたが、今日ご案内するのは、代替わりの準備のために117日(土)に開かれることになった関東総会についてです。
関東総会って何なんだって思う人もいると思うんですが、簡単に言えば関東の5つの研究会から人が集まって何かしらの議決をする場です。と同時に、五研の交流の場でもあり、毎回多くの人がこの総会に来てくれます。
今回の関東総会で扱う内容は、次年度の関東事務局の事務局員の選挙と決算の承認についてです。今年の関東事務局の運営を締めくくり、また次年度につなげていくための大事な一歩になります。ただ、そんなに固くとらえてほしくはなく、五研のみなさんにはぜひぜひ気軽に参加してほしいと思っています。

また、今回の総会から、アフターを行うことにしました!
せっかく五研から人が集まるということで、そこでぜひ親睦を深めてほしいのです。今まであまり話したことのなかった人たちと話すことができる貴重な機会なので、アフターも積極的に参加してみてはいかがでしょうか。

また関東総会についての詳細なご案内は各研究会のメーリスでお伝えするので、このブログでは関東総会があるってことだけ知ってもらえると嬉しいです

117日の午後は予定を空けておいてくださいね!

2015年10月5日月曜日

おすすめの旅行先!

こんにちは、日吉研究会旧メン、関東事務局企画担当の渡邉です。
ながーい夏休みはあっという間に終わり、後期がはじまりましたね。

研究会の初回活動では夏休みのお土産もちらほら…
面白い話も沢山聞けたのではないでしょうか。

さて、未だ夏休み気分の抜けない私が書く今回のブログは「おすすめの旅行先」。
事務局員の訪れた場所の中から一押しを聞いてきました(*^_^*



<矢倉康平(事務局長)>

高校同期と東北に旅行に行ってきました!青春18きっぷを使っての、鈍行列車の旅です。この写真はちょうど釜石で泊まったときにやっていたお祭りです!町の沿岸部にはまだ津波の爪痕が残っていましたが、このお祭りでは復興への強い意志を感じました。
鈍行列車の旅は、のんびり旅できるのでおすすめですよ!



<松本紗季(副事務局長)>

私はこの夏家族で北海道に行ってきました!
中でも特に良かったのが「ファーム富田」ですね!
ラベンダーが大好きなので一面に広がるラベンダーをみれてよかったです^^
そこにあるラベンダーソフトクリームも美味しかった…
涼しくて本当に過ごしやすかったです〜



<南萌嘉(会計)>
  
私はこの夏、 中部・近畿地方に足をのばして、大切な人たちに会いに行きました。

一人は大好きな同期。一人は尊敬する先輩。一人は気のおけない友人。一人は掛け替えのない親類。(ほとんどが模擬国連関係者でした。その点、素敵なコミュニティですよね。)

普段会えない分、それぞれに会う度に再会できる悦びが一入で、別れの度にそれが惜しむらく、自分にはこのように思える人たちがいて幸せだなと。

つまるところ、とても思い出深い旅でした。

名古屋にて。わせけん同期と。


<尾下公一(企画)>

カンボジアに8月末に行って来ました。アンコールワットやその周辺の遺跡をめぐったり、現地の踊りを鑑賞したり。夕日や朝日は素敵だったし、現地料理もおいしいし、ひじょーに濃く充実した旅でした。
一方で印象的だったのは現地で観光客にカードを売っていた子供です。僕らにとって非日常のあの空間は彼らにとっては日常であり、生きる糧を得る場でした。日本人と見るやいちドル!いちドル!と声をかけてきました。

観光地を非日常として消費する立場と、そこで生活の糧を得る立場。両者のコントラストを見せつけられた感じがしました。
…とまあ重い話になってしまいましたがとてもたのしい旅でした!今度はどこへ行こうかなぁ。


<戸嶋一博(企画)>

旅行先としてはフィレンツェをおすすめします。一年に二回訪れてしまうほど大好きな街です。もちろん有名な教会や美術館もオススメですが、広場のすみっこにあるメリーゴーランドや夜のアルノ川の幻想的な風景も隠れた名所です。街全体が一つの芸術品で、あてもなく歩くだけで楽しい街、それがフィレンツェです。

共和国広場にあるメリーゴーランド

中心に位置する教会からは街が一望できます


<大川梨恵(企画)>

今年の夏は、関西大会、九州SSというもぎ充ライフを楽しんだ他に、スリランカのスタディツアーにも参加してきました(^O^)
スリランカは途上国ですが、義務教育が徹底されていてGDPも成長しており、観光にも力を入れているので、今後日本にとっても身近な国になっていくと思います。
山の中の農村で暮らす女の子が制服を着てきちんと学校に通っている姿を見て、スリランカがこれからどんどん成長していくことを確信しました。
また、熱心な仏教国でもあるので、国際情勢などを通じ宗教への関心が高まっている今、大変興味深い国でもあります。
みなさんもぜひ一度スリランカに行ってみては?
世界遺産でもあるシギリヤ・ロックは生で見ると本当に感動しますよ!



<西村映海(企画)>

ミュージアムって、新たな発見と出会いに溢れていてワクワクしませんか:)
やっぱり教科書で見たものの現物と“初めまして。”する感動は大きいですね~
NYは自然史博物館以外にも、メトロポリタン博物館、MoMAなどなどミュージアムが豊富ですよ♡
そしてほとんどがdonationなので、なんと料金1ドルから入れるんです、みなさんも是非行ってみてくださいね ;D
(写真は、国連研修 @N.Y. の合間に行った自然史博物館での一枚!念願の『ボケボケ ガムガムちょーだい』(ナイトミュージアム)!



<松岡祐季(企画)>

私はこの夏、ひよけんの会長とグアムに行ってきました(^ω^)グアムは太平洋のマリアナ諸島南端の島です。
1番私の心に残っているのはグアムの青く透き通った海で魚と一緒に泳いだシュノーケリングです(^O^)!綺麗な海でたくさんの魚を観察するのは、とても楽しく思い出に残りましたみなさんも是非、体験してみてください!



<三代晃也(企画)>

私の旅行は、少しモギコッカーの皆さんにはなじみ易いものかもしれません。実は夏の関西大会に、1人で青春18きっぷを使って千葉~神戸まで往復しました!途中海がとてもきれいに見える駅(名前忘れた)や名古屋、浜松など、気の向いたところに気の向いたタイミングで途中下車し、大きなスーツケースをガラガラしながら観光するのは楽しかったです!あ、寄り道が楽しすぎて行く予定だった送り火企画は、京都に着いたころには終わっていました(笑)


事務局員だけでも旅行先は勿論、手段やエピソードなど様々で面白いですね~

ちなみに私、渡邉は尾下さんの地元である広島県呉市の大和ミュージアムに行きました。とても見ごたえのある博物館で、日本人の素晴らしい技術でつくられた軍艦に圧倒されました(*^_^*)広島に来る機会があれば呉もお勧めです!

是非冬休みや春休みの参考にしてみてくださいね!(^O^)